Where I belong wibla.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Los Angeles - SFV - Multi-racialな私たちの日常。


by yum773
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:Home buying( 12 )


Tax関係!


ここ数年Planner(スケジュール帳)を買ってスケジュール管理なんかしてたけど
今年は面倒になって途中で使うのをやめてしまい、
(というより、重くてカバンに入れるのが億劫になってしまった)

せっかくスマホがあるんだからスマホで管理しよう!って思ったんだけど
(というか、iPhoneを手にして以来、毎年必ず一度はそう思って試みる)

なんだろうねぇ??画面にタップするというやり方だと
どうも頭に入っていかない??のか、
リマインダーに入れててもしょっちゅう忘れる(爆)。

おかげでやり忘れた事がどんどん膨れ上がっていってます。
で、またPlannerに戻ろうとアマゾンで2019年版をオーダーしたとこですw

さて、年の瀬で日本でも年末調整とかいう言葉があったのを思い出しますが
(今もそうなのかしら?)

収入に対するTaxだけじゃなく、
物件を購入すると固定資産税も考えていかないといけないですねー

カリフォルニアは、買った時の価格をベースに税金が課せられるんだが、
買った年の最初のTax bill(請求書)は、前のオーナーだった時の価値をベースに
まず一度発行されて、
その後、Supplemental Taxといって、買った価格に調整した追加の請求書が来ます。
(これは買った年だけね)

家を買う人はこの税金の支払い方が
「ローンと一緒に組み込んで銀行に代理で払ってもらう」
「ローンはローン、税金は自分で払う」

のどちらかになっていて、
私の場合、銀行からチョイスが与えられたわけではなく
多分強制的に?ローン額、税金の見積もり額(月割)、家の保険(月割)の3つを
一つの支払いとして毎月払わされていまして

で、ネットで情報を見てみると結構ほとんどで
「Supplemental Taxはレンダーは払ってくれないので自分で払いましょう」

みたいに書いてあるところが多くて。

でもそこはあなた、数字に強い私がまんまと納得するとでもお思い??(爆)

クロージングの内容を見てみると、
ちゃんと、購入価格をベースに計算された税金で、
しかも9か月分も前払いで払わされとる!!

だから、Supplemental Taxを自分で払うのは筋が通らないし
いくら後で調整して払い過ぎた分を返してくれるとしても、
自分の管理下にない場所に自分の現金を放置するなんて
なんかムズムズして嫌だ(爆)。

1度目の前年度ベースの税金は既に銀行が払ってくれているのですが
Supplemental Taxの支払い期限はその1か月後になっていて(1/31)
早速その件で銀行にメッセージを入れたら、
ローン部署の人からは、
「当初の前払い分はこの分を加味せずに計算されたもの」

と、適当な返答!!

引き下がりませんよw

そもそもクロージングって、クローズするまでにどんどん数字が変わっていきます。
最後の最後まで、見積もりをどんどんアップデートしてくのです。

確かに最初の見積もりは、前年度ベースの税金x9か月でした。
(てか、9か月分も取るなー!それだけでも嫌だわ)

でも、最終日に向けて調整されていく中で、
ちゃんと購入価格ベースにアップデートされたんです。
だから、今回の1度目の請求書とSupplemental Taxの両方を足しても
最終見積もりx6か月分で十分足りるのです。
そしてそのお金は銀行がプールしているから、銀行が払うべき。

納得しないことは、すぐにOKとは言わない、私。
特に、お金、数字が絡むことならなおさら!!w

銀行に再度返信して、きちんと調べろや、おりゃ~~~!!
と、心の中で怒りながら
Could you please look into it
と丁寧に問いただした私です(;^ω^)

そして最終的に、
「確かにそうですね。こちらで手配します」

と負けを認めてくれた(?)銀行でしたが
その返答が素晴らしく丁寧で、腰が低く
気持ちよ~くなってしまったので、
これからもこの銀行を贔屓にしていきたいと思います(笑)。

2004年からのお客様ですもの、
失礼のないように致します!!的な。

(ほー、もう15年近く使ってたんだ、この銀行w)

ローン組んだ時も本当にみなさん良い対応だったし
私の中でこの銀行の好感度、すごく高いです。
たまにバカですか?っていう人いるけど、
突っ込めば賢い人がちゃんと後から出てくる。

そんなわけなので、最近家を購入してSupplemental Taxってなんぞや、
自分で払うの???って謎だった方がいましたら
こういうケースもありますよ、ということで参考になれば嬉しいです。
(もちろん、もともとの支払い額が前年度ベースだったら、
自分で支払い、になりますけどね。)

クロージングの中身を理解することって、結構大事だな
と思った出来事。

***

ここ数日とても寒いLA。
雨が2日間降ったけど、結構な降水量でした。

今朝はようやくスッキリ晴れて

a0344385_01413820.jpg
とても気持ちいい!!

Have a nice weekend~~~






[PR]
by yum773 | 2018-12-08 01:42 | Home buying | Comments(0)

Labor Day Weekend


レイバーデー連休が終わりました。
みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は想像がつくと思いますが…新居用の買い物と移動、片付け、などで
3日間があっという間に過ぎてしまいましたw
BBQすらしなかった。

土曜日に冷蔵庫が到着。
新居には、アメリカで家を購入すると大抵ついてくる冷蔵庫や洗濯機、
電子レンジなどがなくて、
(その代わりリモデル直後で、ガスレンジと食洗器が新品なのはありがたい。)
買わなくちゃいけなかったのが、結構痛い出費。
でもクロージングコストがマイナスだったからね、打撃は少なかったw

冷蔵庫はかなり悩んで、
a0344385_00545592.jpg
frigidaireというブランドのものにしたんですが、
これも、レビューがさほど良いわけでもなく

なぜこれにしたかというと、
新居のキッチンはコの字型(狭いアパートによくあるタイプの形)で、
通常サイズを買うと絶対冷蔵庫の厚みが飛び出てしまって
前を通りづらくなってしまうから。

で、今はCounter depthというタイプ(キッチンカウンターと奥行きが同じ)
が売られているんだけど、大抵のものは予算以上でとてもとても高価。
冷蔵庫になんでそんなお金をかけなきゃいけないのーーーと貧乏魂が燃える。

それでリサーチしまくって、ようやく見つけた、
予算内のCounter Depthの冷蔵庫がこれだったわけです↑

もう一つ、Counter Depthでもあり、横幅も狭めのSamsungのも考えたんだけど
それのレビューがことごとく悪くて!!
水が野菜室に漏れてくるという同じ苦情がいくつも。
それでこれはいかーん、と諦め。
残るはこのfrigidaireしかなかったというわけ。

設置してみると、完全にカウンターと同じ奥行きではないけれど
(壁の水バルブが邪魔をしてあまり奥まで押し込めない)
まぁ、これならなんとか、という感じでした。

そして土曜日のもう一つの課題は、鍵の交換。

新居のガレージはクリッカーで開けられるタイプではなくて
外にキーパッドがあってそれで開けるタイプ。
(近日中にクリッカーのタイプに変えたいなぁ)

木曜日の夜に私一人で立ち寄ったんですが、
その時来てみてビックリ、ガレージが開いてたんです!!(+_+)
え??水曜日の夜、去る時にちゃんと閉めたのに!?
いったいどうして??
もしかして、セラー、またはコントラクターが立ち寄った!?!?

と、ふと見ると、ガレージに置いていた、買ったばかりの
虫駆除の液体ボトルが消えている。。。盗まれた!?

(ガレージを開けた人と、ボトルを盗った人が同一かは分かりません)

これはあかーんと
ガレージのキーパッドコードをすぐに変更することに。

全くハンディではない私とNなので、頼りになるのはYou Tube!
これが、あるんですよね~。
本当に、You Tubeって何でもあるよね。助かったわー。

無事、新しいコードに変えることができて、これで前の住人やコントラクターが
来る心配もなくなったかな。

そしてガレージからキッチンへと続くドアのロックも、
Home Depotで買い直して、設置。
そっちメインで出入りするから、まだ表玄関の鍵を変えていないw
それも近々やらないとな。

最後に結構苦労したのが、メールボックスの鍵!!
実はセラーからは渡されてなかったので、聞いてみたら
セラーも持ってない、って言うのですよ。

どうやらその前の住人からもらってなかったみたいで。

HOAからは、ロックスミス呼んで自分で取り替えてねとしか言われなくて。
ロックスミスか~、呼ぶと$70~90くらい取られるって聞くしーーー

とここもYou Tube様様。


す、すごい!!ドリルでこじ開けるのか!!

と、これが、正解!
時間はかかったけど、外すことが出来て、新しい鍵もHome Depotで$4とか。
ロックスミス代浮いた~

2人で、「これでどんどんハンディ力がついていくね、うちらw」
ホームオーナーになると、少なからずそうなる気がする(爆)。

ちなみに、メールボックスの中身はというと…
これでもか!と押し込まれた郵便物の数々。
前々住人へのものだったのだけれど、ほとんどが、支払いの請求書…
IRSからの税金関係のものもあったし…
払えずにフォークロージャ―になったんだな、というのが明らかですね。
今後もちらほら、こういうメールが来るんだろうな。
”Return to Sender"でひたすら返していくしかないです。

***

疲れたところで(ってこうしてみると、大したことしてないw)
近所で一杯。

a0344385_00395353.jpg


a0344385_00401285.jpg
ガーリックフライが旨かったーーー

あとは、パティオの掃除をしたり、
IKEAでキッチン用品系を買って来て棚に置いてみたり。

a0344385_00402318.jpg
新居のキッチン、オープンシェルフなんですよ。。
今、流行ってるし、まぁ嫌いじゃないんだけど
棚は明らかにIKEAの安いやつなのがちょっと、、ね。
まぁ、それはいずれ変えることができるし、
棚も嫌ならキャビネットに変えれるけど

最初は、収納スペース絶対足りんやん!と思ったんですわ。
でも、意外とそうでもない。
下にあるキャビネットに結構入るし、キッチンカウンターが意外と奥行きがあって
窮屈になるだろうなーと思っていたのがそうでもなさそうだと判明。

どっちみち棚の上の方には手が届かないし、
せっかく流行のオープンシェルフだから、良い感じに飾りつけたいなー

だけど、どんな飾りが自分らしいのか?自分テーストなのか??
イマイチ、まだよく分かりません。なので今はまだこの状態↑。
そのうち、アートとか、プラントとか置きたいな。

今週洗濯機&乾燥機も届くし、ブラインドも届くので
これでようやく家の荷物を運び入れられそうかな??
ゆっくりやっても、月末までには新居での生活がスタートできそうです♪


[PR]
by yum773 | 2018-09-05 01:19 | Home buying | Comments(0)

人生初のアメリカでの物件購入、Yum773バージョンをお送りいたします。
書き留めておいた下書きを引っ張り出して、公開です。


***

8/22/2018

前日にエスクロー会社から最終的な納入金額を口頭で教えてもらい、
今日この日に送金手続きをするつもりでいたけど
若干金額が変わっていたので、銀行に
「一番最新バージョンのクロージング書類、送ってください。
この金額とちゃんとマッチするやつで」とお願いし、
メールでそれを受け取って金額に間違いないのを確認して、

さて、いよいよ納入。

オンラインでチャチャッと送金ができるから楽ちん~
と思っていたら。

オンライン送金は1件につき$XXXまでです。
ってエラーが出た。(+_+)

ローン部署の担当者に連絡すると(同じ銀行だし)、
「それは設定を変えれば、それ以上の額でも送金できるはず。
カスタマーサービスに電話してみて」

と言われたので、電話して事情を言ったけど
「オンラインバンキングを利用するすべての人に対し、
一律、$XXXまでと決められたルールがあって
設定で変えられるということはありません」
って言われた。
しかも、2か所のカスタマーサービスに電話して、
どちらともに同じことを。

仕方ない、ランチタイムを使って近くのブランチに行くしかないな。

もちろん上限$XXXの送金を何回かやるって手も考えたけど
いちいち手数料が$25ずつかかるからね~
支店で一回でやる方がいいと思ったの。

でも私の職場の近くの銀行の支店はパーキングがない支店で
ランチタイム中で焦ってたから、急いで最寄りの駐車場に停めたら
$10も取られた!!!
ぼったくり~~~この野郎(絶対人見て値段決めてる!
値段のサインがなかったの)。

そして支店で送金手配した時、
オンラインバンキングの不便さも言ったら
「あ~、本当はねー、出来るんですよ。
カスタマーサービスってそういうところあるからね~」

って自分の銀行の事をあざ笑ってましたよ。
で、ちゃっかり$35の手数料取られた。

「オンラインだと$25なのは知ってるけど、支店でやると$35なんだ。
ごめんなさいね」って

いやいやいやいや

あなたんとこの銀行からローン組んだのよ。
大事な大事な良いお客さんよ、私。
$35の手数料くらい、免除してよ!!!

しかも駐車場$10だしも~~~
結局送金のために$45も遣ってしまった。なんか、損した気分…。

って、大金が出てくことにビビってるから
最近ちょっとした出費にもカリカリしている私です。

***

仕事後、6PMに帰宅。

そしてやってきました、モービルノータリ―。
移動型の公証人サービスです。

エスクロー会社に行かなくても、家まで来てくれるなんて。
なんて便利なんでしょう。

ダイニングを囲んで
書類を一つ一つ、サイン。
親指のハンコも押して

ものの10分くらいで終了!!

とうとう、購入プロセスが終了しました。
あとは鍵をもらうだけ。→二日後。

。。。なんか実感がない。

嬉しさとか、ワクワクとか、ほぼゼロ…(-_-;)
なんでだ??

本当にこれで良かったのか、という気持ちが拭えない。

家って、ロケーション!ロケーション!ロケーション!
って言うじゃないですか。

その肝心なロケーションが、良くないんです(-_-;)トホホ

いや、私はね、嫌いじゃないんです。
馴染みのある場所だし。

ただ、また売る時とか賃貸に出したいと思うことがあった場合、
難しい物件だろうな~って
正直思う。

その不安と、これから背負う責任で押しつぶされそう(T_T)

でも同居からついに解放される!!!
そしてようやく、「自分の居場所」と思える場所を持てる。

そのポジティブにフォーカスして
頑張ろう。

小さな小さなマイホーム。
3人の新生活。
大変だけど、楽しみだ!!



[PR]
by yum773 | 2018-08-25 00:39 | Home buying | Comments(0)

人生初のアメリカでの物件購入、Yum773バージョンをお送りいたします。
書き留めておいた下書きを引っ張り出して、公開です。


***

8/20/2018

週が明けた。
先週Final Walkthroughをして見つかったいくつかの問題点を
エージェントが翌日すぐに相手側に報告、
土日のうちにすぐやります、との返事をもらったので
一応今日の4PMにまた2度目のWalkthroughをやることにしたけど
やり終わった、という確認なしには無駄足になるので
この日はエージェントからの連絡をまず待った。

そして修理が終わったという報告が日中入ったので、
仕事上がりに、Nと現場へ。

ヒーター、Water Heaterの管、窓ガラス、シンクの引き出し、水漏れ
この5点を再度確認。

ヒーター、やっぱり熱い風出てこない!!
Water Heaterの管は直ってる!
窓ガラス、まだ貼られてない!
シンクの引き出し、閉まる。
水漏れ、まだやっぱり若干ポタポタ落ちる!!(+_+)

なんでこうも、適当なんですかーーーーーー

8/21/2018

エージェントから、窓ガラスはオーダーしていてまだ届いてないけれど
水曜日までにはインストールできる、と連絡をもらい、
さらに窓ガラスをオーダーした請求書の写真を送ってもらった(笑)。
まぁこれで、一応良しとしよう!

ヒーター効かない件。これ結構大きいよねー
まだ冬じゃないから、今すぐ必要ってわけじゃないけれど…
(そもそも使わないかもだけど)

エージェントから、
「セラーはクレジットで勘弁してくれって言ってるから
修理にかかりそうな金額をもらう方向でいきましょう」と勧められ、
それ相応のクレジットをもらうことに。
でも、その金額で直せない修理だったら、どうすればいいんだ??
HVACの買い直しなんて、7千ドルくらいかかるとか言うじゃんね?

冬になるまで黙って、冬になってWarrantyの会社に
「ヒーター壊れた!」ってクレームするのあり??(爆)
エージェントは、物は言いようだから…みたいに暗黙で勧めてたけどw

シンクの水漏れは自分たちで直すことに決定。
急いでないけど、これ以上やりとりするのは無理と判断w

ということで、一日押して、明日いよいよ、サイン!!



[PR]
by yum773 | 2018-08-25 00:17 | Home buying | Comments(0)

人生初のアメリカでの物件購入、yum773バージョンをお送りいたします。
書き留めておいた下書きを引っ張り出して、公開です。


***
8/14/2018

修理のリクエストに対してなかなか返事が来なくて
もう1週間もDueを過ぎている…ところに、
銀行からはAppraisal(物件の評価額を決める作業)の結果が。
合意した購入額でマッチしてるわよ!とのこと。

ちょっとだけ、評価額が低かったら値段交渉できるかな?
なんて期待してたのでガッカリしたけど、
逆にローンとの差額をキャッシュで出せ、という展開になるよりは
良かったと思う事にします。
(もちろん、無理ならキャンセルできるわけだけど)

そして売り手からようやく修理の合意が得られて、
なぜこんなに返事が遅れたのか??と思っていたら
実はもう作業に入っていて、忙しさで返事が遅れたみたいでした(;^ω^)

そしてこのタイミングで、最後の項目となるローンの審査。
これがOKとなれば、ほぼ間違いなく売買成立。

銀行から最終的な確認をとって、無事、ローンも降りることに。
修理、Appraisal、ローンという3つの関門をクリアしたら、
あとは、Final Walkthroughを待つばかり!!

***

8/16/2018

Final Walkthroughを早速スケジュール。
インスペクターのRandyにもまた来てもらいました。
(2回目の場合格安でフォローアップしてくれます)

朝、少年を学校に降ろした足で、物件へ向かいます。

今回はACもオンになるし、ちゃんと温水も出るw
レポートで指摘はされていても私自身がリクエストするのをやめておいた項目も、
いくつか自主的に直してくれているものもあって、
おぉ、誠意を感じる、って思った(笑)。

ただですよ。。。なーんかやっぱりこのコントラクターさんたち
(会ったわけじゃないけど)
仕事が甘いのよーーー

空調のパネルでACはつくけど、
ヒーターモードにしたら温かい空気が出てこない!!
ガス栓も異常なしだから、なぜなのか!?

そしてWater Heaterも、プレッシャーリリースの管が
下向きになってないといけないのに、上向きに取り付けているという、
安全上やばい配線に。
こりゃいかんでしょう。

まだあるよ。
少年のバスルームシンクのキャビネット、
これまた見るからにIKEAですがw、
水のパイプが引っかかって引き出しが閉まらない!
しかも水を出すと若干漏れてる!!

素人レベルの仕事っぷりに、呆れる…

銀行も、エスクロー会社も、もうクローズする気満々で
来週のクローズの日程まで決めてきてるっていうのに
これで間に合うのか!?

***

8/17/2018

早速全項目また売り手に報告して、
早速仕事のやり直しに取り掛かってもらう。

クロージングは23日の予定だけど、
カウンティの違うエスクロー会社のため、
2日前にサインをしてもらわないといけないらしい。
ということで、21日の夜に、
Mobile Notaryといって、エスクロー会社に足を運ばなくても
家まで来てくれるサービスを利用して、
我が家にてサインすることが決まる。

がしかし、エージェントからは
物件の最終確認がもう一度必要ですと。
そりゃそうだよね。

そうなると、週末の間に売り手には仕事を終わらせてもらって
20日の月曜日にギリギリで2度目のFinal Walkthrough!?

そんなスケジュールで本当に予定通りの日程で
クロージングできるのでしょうか!?


[PR]
by yum773 | 2018-08-25 00:15 | Home buying | Comments(0)

人生初のアメリカでの物件購入、Yum773バージョンをお送りいたします。
書き留めておいた下書きを引っ張り出して、公開です。


***
8/9/2018

インスペクションを行った日の午後には、
レポートを作成し、Emailで送ってくれたインスペクター、ランディ。
彼、評判通りでほんと細かいところまで見てくれて、当たりだった。

物件を2回見た段階では気づかなかったことがインスペクションで明らかに。
物件を初めて見に行く方には、

「電気系統が全部動くこと」
「水がちゃんと出るか確認」

の基本中の基本を抑えることをお勧めしますw
いや、バカか、私。

今までアパート借りる時の下見でこういう個所、見なかったもんだから
(もし問題があっても、大家や管理人に言えば済むことだし)
気づかなかったんだよねぇ。

インスペクションで、エアコンがつかない、
Water heaterの線が繋がってない、
そもそもそこに電源がない(爆)、
とかいう、致命的な問題が明るみに。

実はこういうことなんです。
誰かが住んでいた物件なら、大抵こういうものは日常的に使用しているので
壊れてるってことはないと思うのですが

この物件は3月に前所有者から購入した売り主(法人)が
完全リノベを行い、誰も住まぬまま、Flipして出した物件。

ACのコントロールパネルも、Water heaterも新しく取り換え、
なのに、仕事が最後まで終わってない!
コントラクターが途中で喧嘩して仕事辞めたのか??w
と思ってしまうような状態で、
設置したけど、線は繋げず、とかそんな状態w

もっと言えば、新しく付けたガスストーブ(ガスレンジ)も
コードが繋がってないし、
バスルームのシンクのカウンターも
下のキャビネットにちゃんと釘で打ちつけられてないとかw
まーとにかく色々。

すごく急いでたのかなぁ??
他にもたくさんFlipする物件があって、忙しかったのかもしれない。

エージェントのアドバイスにより、
あまり細かいことまでうるさくリクエストすると良くないということで
メジャーなアイテムだけをリクエストすることにし、
目をつむれるものはつむることに。

1.Water Heaterの配線
2.ACのコントロールパネルが機能すること
3.キッチンのコンセントにGFCIのプロテクションを装置
4.ガスストーブのAnti-Tipブラケット装着
5.2階のバスルームの水が出ないのを直す
6.シンクのカウンターちゃんと装着
7.2階のヒビが入っている窓、取り換え
8.階段の淵部分をきちんと釘で打って装着

これらをリクエストして、相手からの返答を待ちます。

***
その間、エスクロー会社やエージェントからは書類がどんどん届く。

Homeowners Associationの書類(ルールや財務諸表など)
Natural Hazard Disclosure
シティのパーミット系
Preliminary Title Report
9A City Report
売り手からのDisclosures
売り手の手配したHome Warrantyの情報

だいたいそんなものでしょうか…
いやこれ、全部プリントすると分厚いファイルになるのですよ…

こういうの、エージェントにまかせて、スルーしてサイン、とか
絶対できない性格な私は、
胃が痛くなるほど、悩まされながら全部目を通し、
納得してからサインするものにはサインを。

でもおかげで、コンド(タウンハウス)のどこからどこまでが自分のプロパティで
どこの部分をHOAが管理するのかとか、よく分かったし
HOAがちゃんと機能していて毎月ミーティングを開いていて
修理のリクエストに応えたり、住民の苦情を聴いたりしていることも分かり
健全なコミュニティだな、と思えたのは良かった。

一番わけが分からなかったのがPreliminary title reportだなー
これだけは何度読んでも、半分くらいしか理解できなくて
最後はちょっと根を上げてエージェントにアドバイスもらった。
特に問題ないからサインしても大丈夫、と言ってもらえたので
自信ないまま、サインしました(笑)。

リーガルな表現が満載の書類ってほんと難しい。
でもいい勉強になったなぁと思う。

[PR]
by yum773 | 2018-08-24 00:35 | Home buying | Comments(0)

人生初のアメリカでの物件購入、Yum773バージョンをお送りいたします。
書き留めておいた下書きを引っ張り出して、公開です。

***
7/27/2018

家購入のプロセスって、ほんと複雑で難しい~(/ω\)

よく、まずは銀行でどれくらいのローンが下りるのか調べてみるといい、
とかって言いますよね?

なので、最初の物件を見に行く時点で
自分の使っている銀行のローンのページに行って
Prequalifyの審査だけしておきました。

その時点で銀行の人がだいたいのクロージングの見積もりまでくれて
親切だなーとは思っていたのだけれど
もっと節約できるレンダーがいるんじゃないか??と
節約魔、リサーチ魔の私は気になってしまって。

エージェントに、どこかおススメある?と聞いたら
いくつかリストしてくれたので、その中から一つを選んで
そちらからPre-Approvalをもらうことに。

この時点で2か所から
自分の最近のクレジットレポートを調べられたことになるので
あまり沢山は申し込まない方がいい(スコアが落ちてしまう)と懸念して
このレンダーさんにほぼ決めてしまう。。。

でも…、ここからは見積もりをもらってないのが気になった…。

オファーが通ったとたん、レンダーからガンガン送られてくる書類、
追加の必要書類のリクエストなどなど。。

この時点ではインスペクションだってまだこれからだっていうのに
もうアプレイザルの手配をしないと間に合わないわよ!とか
なんだか圧力をかけられているような気分に。

いやいや待てよ、これは大きな買い物。
大きなコミットメント。
自分が納得するまで、サインはしない!!

そして送られてきた見積もりを見て、愕然~~~(>_<)
クロージングコスト、高っ!!

ここで、一歩引いた。サイン、まだしないぞ、と。

すぐさま、先日から放置になっていた銀行の担当者にメールする。
必要書類も送った。

電話で話すと、
「あなたの場合、First Home Buyerのクレジットが2種類でますよ」
「クレジットカードのRewardポイントも今キャンペーン中で
5万マイルもらえます」

おおお。5万マイル、そりゃちょっとだけど、ないよりあった方が嬉しい!!
(日本帰国の時に役に立った!)

そして送られてきた見積もりを見たら、えええ!?!?
14か月分の固定資産代も入って、それでももう一つのレンダーより安い!
なんだ、この差は。

というわけで、サインさせられるギリギリのところで
先方にはお断りの連絡を入れ、My銀行の方にGoサイン。

すると驚いたレンダーから電話が鳴る。
スルーしてみたら…メールが来て
「何故だ!?最初から銀行とやらなかったのはどうして?
こんなにあなたのために時間を費やしたのに。
今後のために、理由を教えてほしい」

怒らせてしまったようです(+_+)

でもさー、時間を費やしたって、ビジネスを獲得するために
そうやってやり取りをするのは、仕事のうちだし…
それでポシャる案件があっても、それも仕事のうちじゃん。
(給料もちゃんと出てるんでしょーに)
私にだって、好きなところを選ぶ権利はあるし。

「ごめんなさいね、見積もりを比べたら明らかに高すぎたし
普通ならもらえるクレジットも、あなたたちからは何も言われなかったし。
大事な買い物だから、慎重に比べさせてもらいました」

って理由を送って、さよならしました(爆)。

間違ってないと思う。よくやった、自分!!

実際、My銀行がオファーしてくれたクレジットの中に、
「First Home Buyerオンライン講座」を受けると$500もらえる、
というのがあって、早速コースを受けたんですね。
そこで、執拗にサインを迫るレンダーには気をつけろ、
プレッシャーかけてくるけど冷静に!みたいなアドバイスあって(笑)。
まさにその通り。

さてさて、まだやることだらけなのね。
保険会社も決めないと・・・
家を買うって、こんなに大変なんだなー
早く終わってくれ~い。


[PR]
by yum773 | 2018-08-23 09:00 | Home buying | Comments(2)

人生初のアメリカでの物件購入、Yum773バージョンをお送りいたします。
書き留めておいた下書きを引っ張り出して、公開です。

家を買おう・その①
家を買おう・その②

***
7/27/2018

オファーがアクセプトされて、”In Contract”というステータスになりました。

まず最初に手付金の送金手配があるのですが、その期限が3日後。
その翌週の同じ曜日に、
インスペクションによる発見についての合意をするべし、の期限が来ます。
インスペクションする会社のスケジュールにもよるだろうから、
今すぐに手配をしないと、間に合わない~
って、結構こうやってスケジュールに余裕がないというのが、家の購入プロセスだなんて!!

エスクローという言葉を仕事ではよく聞いていたけど、
(顧客のお店が売られたりするので)
なんでエスクローなんて必要なんだろう、とか、
なんで30日もかかるの?とか不思議だったけど、

そりゃ大きな買い物だもの、大きな負債を背負うのだもの、
一つ一つ、くぐりぬけなきゃいけない関門が、あって当然のことで
そりゃー時間もかかりますわと、今なら分かる。

オファー通ったよ、の知らせをもらった日のうちから、すぐに
インスペクションしてもらえる会社を探す。

エージェントがいくつかおススメしてくれてたけど
Yelpのレビュー見たら散々だったのでw
自分で探すことに。←こういう所、私らしいなぁw

評価が抜群のところに、Yelpのメッセージ機能を使って連絡をしたら
すぐにQuoteをくれて、2日後の朝、行けますよ~と。

それとは別に、シロアリ専門のインスペクションも必要で
そちらの手配も同様に。

テクノロジー万歳。電話する手間が省けるから、仕事の合間でも
スケジューリングが出来る♪♪(仕事しなさい、仕事)

インスペクションというと、もちろん私は経験ないので
家を買った経験豊富な義両親に一緒に行ってもらう事にしました。
特にNパパなんて、細かいところにうるさいタイプだし、
そういう性質が、こういう時にやっと使える(爆)。

***

さてインスペクションの結果は…

いやこんなに!?!?
あるだろうとは思ってたけど、こんなにかーーーとショック(>_<)
このまま進めていいのか、ここで立ち止まって戻った方がいいのか??

インスペクションのおじさんからは
Overall、良いおうちだと思うよ、とは言ってもらえたの。
でもめちゃくちゃ多かったよ、問題点!!
こんなものなの!?

幾つもの家を見てきたおじさん曰く、
そんなものだよー、ここはリノベーションしてるだけまだマシ、
って言われたけど…

あとはこのレポートを持って、エージェントに協力してもらい、
セラーとの交渉にかかってくるな。
力の見せ所なので、頑張ってもらいたい!!




[PR]
by yum773 | 2018-08-22 01:15 | Home buying | Comments(0)

人生初のアメリカでの物件購入、Yum773バージョンをお送りいたします。
書き留めておいた下書きを引っ張り出して、公開です。

***

7/25/2018

すんなりは行きませんでした。

低めのオファーは、Askingと30Kも差があった。
(そりゃ無理だろって)

ところがどっこい、次の日、カウンターオファー来たんですよ。
若干、$3Kだけ下げてw
それって私しかオファーした人がいないんじゃない??(笑)。
ちょっと不安…。

ちょうどその日、もう一回見に行ってみた日だったので
2回目はじっくり、細かいところまで見て見定めました。

なんだか、リノベイトのコントラクターがチャチャッと仕事した感がぬぐえない…
デザインは可愛いけど、よく端っことか見ると、ズレてたりね…
(→のちに判明、IKEAアイテム勢ぞろいw)

でもFirst Time Home Buyerにとっては陥りやすいことみたいで
Big Pictureで見なくちゃい、らしいです。

小さい、マイナーな修正は自分でもできる。
もっとストラクチャーの問題とか、そういった大きい部分をしっかり交渉するのが大事で
小さい事には目をつぶった方が良さそうだ。

というわけで、
このユニットに大きなアプライアンスの冷蔵庫、洗濯機、乾燥機がついていない(!)
というところはしっかりと加味した上で
譲歩して、$5K上げての2度目のオファー(笑)。

だって~、周囲の最近のマーケットバリューがまだそんなに高くないんだものー
ここで相手に乗せられて相手の言い値に従うのは気にくわなかった。
エージェントもそれでいいって太鼓判押してくれたし。
ダメならダメでいいし!!

そしたらなんと、
翌日、ファイナルです、これ以下はナシ!というカウンターが来た~
怒らせてしまったかな???なんて思いつつ・・・
またまた$2K下げてくれたよ、家電代かな(爆)。

じっくり考えて、その後もしばらくネットで得られるだけの情報を得てリサーチし、
戦略とか考えたんですけど
シンプルに、この物件を失った時、誰かが同じ値段でその後買ったとして
恨めしく思うかな??あー買えばよかったと思うかなって考えたら、
うん、思う!と思った。

それに、少年にも素直に「下げてくれないんだよ~、あきらめた方がいい?」
って聞いてみたら、最初は
「ちょっと高いんじゃない、マミーが払えないと思うなら買わない方がいい」
と言いつつ、
「でもあの家好きだったから、買えるなら買ってほしいな…」と(爆)。

もうさー、弱いのよ、私ったら。
少年がそう言ってくれた一声が大きかったな。決断した。

ファイナルに対して、それでも低く行くって人もいるみたいだけど
それはもうほんとにギャンブルだよなーと…

また売る時のことを考えたり、マーケットを考えると
高すぎるんじゃないかという気がまだ少しするけど

ローン会社がアプレイザルするわけだし、
そんな価値はありません!となれば、Contingencyでキャンセルできるか、
値段交渉も可能というので

じゃあ行くかと!!

あちらのファイナルのカウンターを受けました!!(>_<)きゃ~~~

さてこれから、3%の手付金の支払いとインスペクションです。
これから夏休みも終わってバタバタする時期だというのに、大丈夫なの!?!?

いきなり進み始めて、Nママが寂しそうにしてるのが手に取れるけど
そんなこと言ったって、ずっとはここには居られないんだし。

というわけで、すべてがスムーズに行きますようにと、今は祈るばかりです。



[PR]
by yum773 | 2018-08-21 00:30 | Home buying | Comments(0)

物件購入、あとはクロージングを待つだけとなりました。
(いや、実際はまだ若干売り手の作業が残ってるけど…)

人生初のアメリカでの物件購入、yum773バージョンをお送りいたします。
書き留めておいた下書きを引っ張り出して、公開です。

a0344385_00351524.jpg

***
7/21/2018

その後も物件をいくつか見に行きました。

それにしても、
売り物件自体は少なくはないと思うけれど、
予算内に入ってくるものが少なすぎる(悲)。

そりゃそうだ、ここ最近のLAの不動産価格の上昇の仕方は異常で
LA在住者の75%が家を買えない(←First timeでってことかなと)、
なんていう統計もあり。
最近では親世代からの頭金の補助があって初めて買える、
というのが常識化しているんだとか。
我が家は…どちらの親からも援助ありません~
(むしろこちらが援助してるくらいです…)

そして物件、中古が基本なのでどれも一長一短なんだよね。。。。

でもいくつか見ていくうちに、自分の外せないクライテリアが分かってきた気がする。
通勤通学ができる場所、広さやバスルームの数も重要。
すごく素敵な物件も見たけど、1バスだったり1,000Sqft なかったりしたら、
あぁちょっとパスかな、って思うので、
だんだんと絞れてきた。
見た総数は少ないので、絞ったというのは表現が違うかもですがw

そして…

ある日の帰り、少年が、
最初に見た物件、あれで全然いいけど?と言う。→最初の物件
自分の部屋が広めなのがかなりポイント高いらしい。
エリアも今住んでる町に近いし、親しみがすでにある。

ネックなのが隣人だったわけですが…
(人というより、パティオのコンディションねw)

自分たちのパティオを素敵に飾り付けて、シェードを高めに立てれば
隣人さんたちのパティオが視界に入りにくくなるし、
親しいゲストならガレージから入ってもらえばいいし、
なんとでもなるんじゃ?と少年。
おおお、ポジティブじゃん。(#^^#)

その後も悩んだ結果(といっても1,2日)、
ここにオファーすることにした!

あとはエージェントと、どれくらいでオファーするかを決めねば。
その日は朝からエージェントが常にコンタクトをとってくれていました。
心配したけど、結構イケるかも、このバーチャルシステム。

そしてCompsをリサーチしてくれた結果、
Askingの価格よりも大幅に下回るオファーで行くことに。
大丈夫なんだろうか???今のLAのトレンドの逆を行っているけど???

いや、でももともとちょっと乗せすぎだろ、って気はしてたんです。
背中を押された感じがしてホッとしました。

まだオファーが受け入れられるかは分かりません。
ダメかもしれないし、カウンターでとんでもないことになるかもしれない。
なので、この日記は今のところ、下書きのままにして(笑)、
結果が出てからアップしようと思いますwww

さ~、どうなるのでしょう!!


[PR]
by yum773 | 2018-08-18 00:40 | Home buying | Comments(0)