人気ブログランキング |

Where I belong wibla.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Los Angeles - SFV - Multi-racialな私たちの日常。


by yum773
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー

2019年 04月 30日 ( 1 )


Hikeと最終通達


a0344385_00253377.jpg
土曜日の朝はちょっと車で走った先にある山の方のハイクへ。
3マイル弱で、坂も最初に少しあるだけの割と簡単なトレイルだったけど
またまた日が開きすぎてペースはかなり遅め(-_-;)

でも実は先週ようやく延び延びになっていた健康診断に行って、
体がかなり重くなっていることにショックを受けたので
またちゃんと体を動かして、5パウンドくらいは減らしたい!!
平日どうやったらもっと体を動かせるのか、が最大の難題。
そこが厳しい分、土日はなるべく歩かないと!!

a0344385_00201392.jpg
山道へ入っていくと、馬のトレイルが一部あるため、
フレッシュな馬糞に出くわすことも覚悟w

でも野花が咲きまくっててキレイだった。

a0344385_00202182.jpg
a0344385_00202377.jpg

霧がかかって景色はゼロ、そして涼しかったので汗も少しかいた程度。

これで7千歩くらいだから、全然足りない。
でもこの後は近くのカフェでサンドイッチ食べて、帰宅して、
あとはダラダラと家で過ごしてしまった…(-_-;)

***

隣のおじいちゃんの件のアップデートです。。

先週は日、月、水とそして土曜日もまた、うちに助けを求めてきたおじいちゃん。

土曜日は、キッチンで火を点けている最中に玄関をドンドン!と叩く音が聞こえて
Nは外出していたし、家に私が一人でいる時で、

前に、Nが居なかったらドアを開けないこともあり得ますのでご了承ください、
私一人であなたの家の中に上がる事はしません、と言ってあるので
あー、またおじいちゃんか、このまま無視しよう、と思っていました。

そしてカレー作りを続ける私・・・

それをまた、ドアの横の窓から、
こっちをスパイするかのように覗き込むおじいちゃん!!
もう、この間やめてくれって言ったばかりなのに!!←どうせ忘れてる。

そのまま無視していたら、ドンドン!と玄関のドアを叩く音が止まない。
多分3分間くらい、ずっと5回くらい叩くノックを繰り返していて、
その音もどんどん大きくなる。
そしてまだ覗き込んでいる。

怖い。不気味過ぎる。
これだけドアに出ないんだから、普通諦めないか??
あー、ブラインドを完全に閉めていればよかった。半分斜めに開いてたので、
おじいちゃんから私の姿は見えるだろう。。

って、そもそも自分の家に住んでて何故こんなストレスを抱えなきゃいけないんだ。
 ブラインドを開けたい時に開けられて、
好きなように過ごして良いはずなのに
おじいちゃんのせいで、とんだ精神的苦痛を味わっているじゃないかっ。


頭に来た。覗くなと言ったのに、覗くおじいちゃんにも、
ノックをし続けて諦めないおじいちゃんにも!!

火を止めて、玄関を開けた私は、
「覗くのやめてって言いましたよね?本当にやめてください!!
私が忙しくしていればドアを開けないのは仕方ないし、
Nが居なければ助けてもあげられないんだから、
ドアが開かなかったらそういうことだと思ってくださいよ!」

と怒り口調で言ったら、おじいちゃんもムッとして
「彼はいつ帰ってくるんだい」と聞くので
「今夜は帰りが遅いんです」と(←これは嘘ではない)言うと、

「ふんっ。都合が良い言い訳だな!見事だ」

と、嫌味たっぷり、切れ気味に言うじゃないかっ!?!?

おいおい、頼み事する人がその態度かよ???私を嘘つき扱い??
やっぱり、完全に私の事見下してる。

そしてそんな捨て台詞を吐きながらも、まだ去ろうとしないので

”OMG・・・CAN YOU THEN LEAVE !?!?"

って呆れて返した私。

頭に来たこの全貌をNに後で話し、もうこれは最終通達だね、ということで
翌日、Nがおじいちゃんの玄関先まで行き、

ヘルパーさんがいたので偶然証人となってもらうような形で、

「金輪際、うちに来ないでください」

って言ってもらった。

Nに言われて、アワアワとしてたらしい。
(やっぱり白人男だとそういう態度になるのか。)

スパイのように窓を覗き込み、ノックをし続けること、
女性が一人で家にいたらむやみにドアは開けないことくらい普通なのに
誰かが出るまで去ろうとしないその態度は傲慢で厚かましい、
そして妻を嘘つき呼ばわりするような人とは関わっていけない。

テレビを直す、というテクニカルな事は
テクニカルなことをプロとしてやってる人たちに連絡してくれ、
私たちはこれからも、すれ違えば良い隣人でいるように努めるが、
お互いの家を行き来するような関係はお断りする。

と簡潔に良い、話をつけてきてくれたNでした。ありがとう!!(T_T)

ヘルパーさんが、それを聞いておじいちゃんに、
「今の、理解できましたか?私はできましたよ…?」
(↑ヘルパーさんは英語が母国語ではない)

と聞いていたらしい。
実は、ヘルパーさんとも木曜日に顔を合わせていて、
彼女も困り果ててるような話をしていて…

彼女もかなり見下されて、怒鳴られたりとひどい仕打ちらしく。。
プライベートで雇われてるらしいけど、辞めちゃえばいいのに。
生活のためにそうはいかないんだろうけれど・・・

なので、私たちが強く出た事も、あまり驚いていない様子。
敵を作りやすい性格というのは、既に分かっていたんだろうな。

あの上からの、引き下がらない態度はやはり
古い世代の男性の、女性は口答えしないもの、男性の言うがままであること、
みたいな事が普通だった時代の人だからだろう、
ってNは言います。
しかもこっちはアジア人だしね(爆)。

これで解決とは言い難く、
認知症だからきっと忘れてまたノックしに来そうな気もするけど…

はぁ~、隣人問題。。。まさかの展開だわ。
こんなことになろうとは、ここに決めた時はこれっぽっちも…(/ω\)

早く売って移れる日を待つしかない(爆)。

さて、今週もがんばりましょう!


by yum773 | 2019-04-30 01:03 | 日記 | Comments(0)