Where I belong wibla.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Los Angeles - SFV - Multi-racialな私たちの日常。


by yum773
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2018年 07月 04日 ( 1 )


父の思い出


a0344385_03523892.jpg
嬉野温泉の宿にて夜が明け、朝ごはん~

a0344385_03524911.jpg
名物?の湯豆腐が美味しかったな。

a0344385_03525900.jpg
宿の玄関先で一枚。

朝風呂も堪能し、準備してチェックアウト。
これから長崎へと向かいます。

目指すは西海市。
大村湾沿いを通りながら、下道でも1時間半です。
西海市の先端まで。

a0344385_03530316.jpg
大島というところから、その先の島に続く橋を渡り

a0344385_03531340.jpg
着いたのがここ、崎戸。

何もないところです(笑)。

父が中学生の3年間を過ごした町なのでした。
佐賀の人だと思ってたけど、よく聞くと中学時代だけここだったと。

祖母は子供たちと満州から引き上げて、シベリア捕虜だった祖父は戦後帰国、
その後若くして病気で亡くなった。
祖母は女手ひとつで男の子ばかり5人も、
育てていくには必死だっただろう。

「ヨイトマケ」を地で行くごとく
炭鉱の仕事を求めてこの地に落ち着いたそうです。

a0344385_04045904.jpg
一番高いところからの眺め。

今は炭鉱も閉鎖して、小さい漁村らしき場所が見当たるくらいで
人口もすごく少なそうなホントに何もない場所でしたが、

父は当時の思いを馳せて、しばらく無言で景色を眺めていた。
死ぬまでにもう一度訪れることが出来て良かった、
という心境だろうか。
願いを叶えてあげられてよかった。

さてあまりにも何もないのでw
割とすぐにUターン。

そのまま帰宅と行こうかとも思ったのですが、せっかくなので
福岡の西の町へ寄ってみた。

大学の頃、多分一度来たことがあった気がする?
糸島郡二見ヶ浦のビーチ。

a0344385_04050894.jpg
縁結び、夫婦円満のシンボルとなっているらしい、夫婦岩。

ちょうど夕日が沈むころで(天気は曇りでしたが)、
なかなか良いものが見れました。

お腹が空いたのでビーチ沿いのレストランへ。

a0344385_04052300.jpg
Palm Beachってw
でも天気が良いと西海岸やハワイっぽくもなるのかな。

a0344385_04054186.jpg
パティオからの眺めも良かったです。目の前が工事中じゃなければw

a0344385_04202316.jpg
a0344385_04203491.jpg
ピザやパスタをいただきながら

a0344385_04203666.jpg
かすかに見えるサンセット

両親は来たことがない場所だったので、結構喜んでくれたのが良かったな。
帰りは福岡の都会も車で通過して、帰宅。

母は、福岡に住めたらなぁ~とこぼしていました。
ほんと、良い町だもんな。程よく田舎で、程よく都会。

そんな、九州北部、ぐるり旅。
また今回もちょっとした親孝行が出来て、良かった♪


[PR]
by yum773 | 2018-07-04 04:25 | 旅行 | Comments(0)