Where I belong wibla.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Los Angeles - SFV - Multi-racialな私たちの日常。


by yum773
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

#アメリカあるある


新居に移るにあたって必要になるものが沢山あったので
値段と相談しながら妥協しつつ、揃えていってますが、
悩みに悩んだのが、ダイニングテーブル。

私の頭の中に、次に自分仕様の家、部屋を作れる機会がある時は
こういうテーブルが欲しい!というのがずっとあったのに、
なかなか家具屋のサイトを漁っても、そのイメージにピッタリなのに出会えない。

これだ!と思うものがあっても、手が届かない価格帯だったりで(-_-;)

家具屋系でないなら、職人さんしかないな、と
Etsyなども見まくりました。
でもシカゴとか、遠いところにいる職人さんからシッピング代を多額払って買うのも、
なんかリスク高い気がするし・・・と迷い。

そんな中、ようやくローカルの職人さんを見つけたので
サイトやレビューを読んで、オーナーの方にもメールして
詳しく吟味して、やっとこさ注文。

本当は足を運んでウェアハウスで実物を見たかったんだけど
どうしてもNと二人で見に行ける時間的都合がつかず
(そこが今思えば甘かった)
きっと大丈夫なはず!!と結局、
メールのやり取りとサイトやSocal Mediaの写真を頼りにオーダー。

1週間後の配達、というので楽しみに、楽しみに待っていました。

で、当日になっても全然連絡がこない。
心配になったのでメールしてみると、
「テーブルトップは出来上がっているけど、レッグがまだ届いていないので
明日になります」と。

どうして私から連絡をして初めてそれを知ることになるの??と
そこでプチ、イラっとする。

”I wish you could have initiated the contact and let me know earlier.."
だって、その日の配達に間に合うように仕事も1時間切り上げたのよ。

”You're absolutely right, we apologize”と謝罪はされたものの・・・

翌日、仕事を上がらないでいいように夜遅めに配達出来ますとのことだったので
7時ごろ来てもらおうと思ったら、遅れに遅れて9時の配達。。。
(まぁそれは配達会社の人も渋滞に遭って可哀想だったから、責めないけれども)

やっと来たーとワクワクしてたら、配達ガイたちが運んできたのはベンチ。
え??ベンチ、頼んでないけど??

「僕らは配達だけが仕事だから、分からないんだ」と言われ
Nなんかは一瞬、「もらっちゃえば?パティオに置けるし」と
下心が芽生えたようですが(笑)、
私はそういう間違いはちょっと、気になる。
てか、それ他の人のものを配達してきてるんじゃないの?ってよぎるよね。

元の指示のテキストを読み返して、テーブルだけだと分かった配達ガイたちは
「ごめんごめん、じゃあベンチは撤去、テーブル持ってきます」と
やっとテーブル運んできた。

ありがとう!とゲータレードをあげて、サヨウナラした後。

いや、テーブルは美しかったけど、何これ、異様にデカくない??
長さはいいけど、幅が絶対大きいでしょ、これ。

と、メジャーで測ってみると、幅42インチ!
私が頼んだのは36インチ。

今掴まえればまだ配達ガイたちに言える、と思ったけど
Nが明日でいいよ、テーブルは一応ここで受けておこうというので
すぐに職人さんに連絡して、返信を待つ。

翌日、朝一回だけ、配達しなおしますというメールがあっただけで
それ以降完全無視な職人さん。

もしかして、私のオーダーそもそも作られてないとか??
それを言えなくて、バックレてる???

夜になってようやく配達ガイから連絡が。
「明日交換しに行くから」と。

何なの??結局職人さん自身からの説明はなし??
配達の人に罪を着せてスルーしようってか。

昨日、晴れてようやく正しいサイズのテーブル届きました。

a0344385_01035449.jpg

でもねぇ…。

あれだけこだわったつもりだったのに、思ったのと違うの(T_T)
もう少し、Distressedな、むき出しな感じが良かったのと、
Stainも少し暗すぎる。

これ、サイトで示されている色と、全然違うんだよねぇ。
Nはこれくらいのダークなのが好きみたいで、めちゃくちゃ気に入ってるし
私も嫌いではないのだけれど。

オーダーしようと思っていたStainの色味はこんな感じ↓
a0344385_01402472.jpg
全然違うよねぇ??

Queer EyeのBobby Berkの趣向のようなIndustrialな感じを狙っていたので
もう少し明るい茶色が良かったなぁ・・・。




やっぱりウェアハウスに足を運ばなかった自分の責任ですかね。
一応、言ってる色と違うんじゃない?という比較の写真を送って
返事を待ってるところです。

結構な$$$払ったので、100%満足できないというのは悔しい。
そしてオーダーメイドだから返品不可という(-_-;)

グーグルのレビューで2件だけネガティブなのがあったけど
私もネガティブレビュー残そうかな・・・
何よりフォローが全然ない、ってのがムカつくし!

新居に関して、一番楽しみにしていたのがこれだったから、
ちょっと凹んでます(/ω\)
十分素敵なんだけどね!!

これこそアメリカあるある。
商売テキトー。お客様は神様でも何でもなし!



[PR]
Commented by みこりん at 2018-09-22 02:52 x
初めまして。 いつもアップ楽しみにしてまーす。
本当にアメリカあるあるですね。
でも、テーブルとっても素敵だと思います。
ちらっと写ってる、椅子もお洒落‼︎
椅子もオーダー品ですか?
新居のお話とっても興味深いです。
お写真とともに楽しみにしてます
Commented by yum773 at 2018-09-22 03:46
>みこりんさん、

初めまして!楽しみにしていただけて光栄です!
アメリカあるあるですよね~。これでも慣れた方ですが…(;^ω^)
テーブル、ライトを点けてるので明るめに見えますが、照明がないと結構こげ茶色なんです。これはこれで好きな人もいると思うんですが、もう少しナチュラルな色に近い方が良かったなぁと…。でも持ってるうちに愛着が湧くといいな…(#^^#)
椅子はなんと、アマゾンの激安商品です!レビューが5スターだったので思いきって買ってみました。これがなんと結構クオリティ高くて大満足です♪
https://www.amazon.com/gp/product/B01HI7DAXQ/ref=oh_aui_detailpage_o03_s00?ie=UTF8&psc=1
(あ、でもまた値段上がってます~$112くらいだったのですが)
こんな質素なマイホームネタで恐縮ですが、また随時アップしていきたいと思います♪
Commented by みけ at 2018-09-22 13:37 x
ごめんなさい。私のパソコンからだとまったく同じ色に見えます。同じステインを使っていても、木目によって明るく見えたり、暗く見えたりもしますからね。
そのままでも素敵だと思いますよ!
Commented by yum773 at 2018-09-25 01:41
> みけさん
ありがとうございます(^^
その後ようやく連絡が来て、サイトに載っているテーブルのステインは”Light application”で、私が受け取ったテーブルのステインはProperlyにやったものだと説明されました(;^ω^)。一つ一つ手作業だと違いが出てきても仕方ないですよね。
まぁこれくらい暗い方が床の色とのコントラスト的に良いのかなという気もしてきました(^^)/
by yum773 | 2018-09-22 01:30 | Shopping | Comments(4)