Where I belong wibla.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Los Angeles - SFV - Multi-racialな私たちの日常。


by yum773
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Wedding @ Yosemite National Park


金曜日のお昼頃、LAを出発して少年と2人で休憩入れて6時間、
ヨセミテ国立公園のすぐ外のEl Portalというところにあるホテルに
チェックイン。
先に向かったNがリハーサルディナーに行っている間、
私と少年はホテルの中の軽食ピザ屋でピザをテイクアウトして
部屋で夕食を取り、売店で買ったローカルのビールを堪能♪
a0344385_01202319.jpg
栓抜きがなかったので、お土産がてら買いました(笑)。

a0344385_01202559.jpg
リハーサルディナーを終えたNからの連絡で、
「明日、ウェディングフォトのために
ブライダルパーティ(ブライズメイド、グルームズメン含む)で
式の前の7:15に集合なんだって。
そっちのホテルに戻るより、今晩はこっちに泊まっている両親の部屋に
泊まった方がいいかもなぁ」と。

え!?そんな早い時間に集合ってことを、今の今まで知らせなかったって
どういうこと!?
聞くと、他の人たちも突然の知らせで驚いていたよう。
そりゃそうでしょう!事前に言えよー。
もう何から何まで、手際が悪いというか、適当過ぎるというか。。。

でもこのまま私と少年二人を置き去りにされるの、
なんか腹が立ったんですよねー(←鬼妻w)。
だからといって、朝そんな早くに一緒に行っても
フォトシューティングの間私たち二人、暇じゃないですか。
それも嫌だしなぁ。
ってことで、いいよ、じゃあ今晩は帰ってこなくても。
って言ってあげたけど、Nは申し訳なく思ったみたいで、
結局こっちのホテルに戻ってきて、朝は朝で一人で早起きし、
先に向かったのでした。

おかげでバスルームを3人で取り合うところが2人になったので
楽になった部分もあるんだけれど、
何せ私って、こういう時テンパってしまう性格なので
Nがいてくれた方が、落ち着いて行動できるんですよね…
少年が肝が据わってるタイプなので助かるけれど、
母ちゃん、翌朝慌てましたーーーー

6時に起きて、2時間あれば十分でしょう、と思ったら
慣れない場所でのメイクや髪のブロウ
(鏡が1面だから後ろが見えない不便さとか)、
座ってメイクがゆっくりできない環境(椅子があるところに鏡がない)、
そういう中で準備に時間がかかるかかる…(''Д'')

おまけにNから、
「早めに出ないとこっちのパーキング、8時には全部埋まってしまうかも。
もっと手前のパーキングに停めてシャトルで来る方がいいかも?
渋滞も結構すごいみたいだから、遅れないように」
とかテキスト来るから、さらに焦る!
やばいやばいやばい、間に合わない!

と焦りながらだったので、髪ボッサボサな仕上がり、
メイクもいつもより厚塗りしてしまって失敗だったし
この日のためにFalse Lashも用意してたけど
とてもそんなの付けてる時間ナイナイ((+_+))

そんなでバタバタでホテルを出たら、
渋滞もしてないし、式のあるホテルの駐車場も、5,6スポット
余裕で停めれるとこあったし!!(+o+)
Nがビビらせるせいで、無駄に冷や汗かいたじゃないか。

ホテルに着くと、先に行ってたNの親友家族From TXを無事発見、
庭でしばし、立ち話したり景色を堪能し・・・

a0344385_01194058.jpg
溜息が出るほど美しい、ヨセミテの園内・・・

庭のもっと先の広場に並べられた白い椅子の数々、
あそこがセレモニーの場所だね~と
いつ座っていいのやら?座る場所に決まりがあるのかないのか?
そんなこともサッパリ分からず・・・
From TX家族、Nの親友Tがスタンフォード卒のエリートで
物知り人間なので、彼を頼りにしていると、
「Groomの友人として北から、右側の椅子に座ればいい。
2列目以降ならどこでもいいだろう。」と言うので
適当に、4列目くらいに座ってみましたw

式が始まるころ、招待客のうちの一人の方が(事前に頼まれて)
前でギターの弾き語りをはじめ、
牧師役のNパパが真ん中に、新郎の北カリ兄がその横に立ち、
ブライズメイドとグルームズメンが、弾き語りをバックに
一組ずつ腕を組んで歩いてきます。

そしてメインの
a0344385_01474396.jpg
Rがパパさんと一緒に登場。
好きじゃないけど、やっぱ花嫁はキレイっすね(爆)。
a0344385_01502272.jpg
牧師役のNパパ、この日のスピーチを先日準備してましたが
長いったらなかったわ((+_+))
でも原稿を一応見せて二人がOK出したんだから、
二人は満足してたみたいだけど、途中やっぱニヤケけてた(笑)。
聖書の、このチャプターでは~、そしてこのチャプターで~と
いくつもエピソードを語るから、終わらない終わらないw
ビデオ撮ってたけど、右腕が痛くなって途中で諦めたわw

で、ようやく指輪交換、お互いの誓いの言葉、と
準備してきたお互いへのメッセージ(?)を読み上げる二人。
ちょっと、さすがの私でも、ここはウルっと来たw
いや、二人のことは嫌いだけど(爆)、純粋に
愛する人と巡り合った、ということの、美しさというかねー。
運命なんだろうなーこの二人は、って確かに思うんですよ。
出会い方や、これまでの過去とか知るとねぇ(知ってはいたけど)。

式が終わって、席を立つと、
少し離れた所に、鹿が~~

a0344385_01194314.jpg
子供たちも興奮して近くに寄ります。

a0344385_01200460.jpg
でも、逃げないんですよー。人間に慣れているのかな?

実はRのお兄さんが金曜日の午後、車が故障して
ヨセミテの手前1時間半のところで足止めを食らったり
(その後誰かが迎えに行ったらしい)
Rのパパさんまでも、途中で車が止まったとかで
この結婚、呪われてない?なんて冗談で言ってたんですがw

まぁ済んでみると、素敵な式でした。

その後、リセプションへと流れ、
a0344385_01201310.jpg
これもまた、日本の披露宴と違って、席決めがない!!
私はFrom TX家族と一緒にいたかったんだけど、
テーブルが埋まってしまって、、、
Nがベストマンだから新郎新婦のそばに座るっていうんで
私と少年はそちらへ・・・
別のグルームズメンと奥さんとかが座るテーブルに混ざり、
Nが「ちょっとあっちのテーブルに挨拶してくる」とか言って
またいつもみたいに、私を放置。
ぽつーん、でしたよ。
少年は携帯取り出して暇つぶす始末w
あぁ居心地悪かったなー。まぁ結婚式ってそんなもんよね、
って心構えはあったけれど。

a0344385_01201722.jpg
料理はバフェスタイルで、いろいろ制限のあるRのためや
他にも今はアレルギーある人が多いのもあり、
グルテンフリー、乳製品不使用メニューがメイン。

a0344385_01202038.jpg
美味しそうではあったけど、なんかリラックスできなくて
味がしなかった・・・全然食べれず。
少年はがっついてましたがw
あぁあー、TX家族と一緒に座ってればもっと楽しかったのになぁー。

a0344385_01201059.jpg
その後、ケーキカットがあって
なんかそれも、仕切りもなく、気づいたら切って食べてたみたいな感じで
いかにもアメリカ人?って感じなんですが、最後も
お開きの挨拶ナシで、自然~と終わっていったレセプション。
変じゃない??なんでいつもこう、シャキッとしないんだろう??
え、もう勝手に帰っていい感じなの??っていう。
理解に苦しむんですけどね。

まぁ、新郎新婦が満足したレセプションなら、何よりです。

朝が早かったのと変な緊張と焦りでグッタリになった私たちは
この後ホテルに戻って爆睡でした~

夕方から、ヨセミテを少しだけ探索!


[PR]
Commented by なか at 2017-07-12 06:52 x
長い運転お疲れ様ですー。ヨセミテ綺麗ですよね。小学生の頃に行って以来だけど、是非また行きたいと思う場所の一つです。確かにアメリカの結婚式はユルいですよね。なんか締りがないと言うか、グダグダと言うか。私はベガスで家族だけでさくっと終わらせて、ケーキカットも何もしていないから少し憧れるけど(๑• . •๑)。インスタで写真を拝見しましたが、ドレスすっごくお似合いでした!!
Commented by yum773 at 2017-07-12 07:59
> なかさん
本当に美しい場所でしたー。私も実は2度目で、でも前回は車でびゅーっと通っただけだったので(ちょっと寄っただけ)、今回はそれよりもっとよく見れたので最高でした。ただ週末のほんのわずかな時間だけでは足りず、全然まだまだ探検したい場所がたくさんありそうなので、絶対また行きたいです。夏は暑すぎるので、春とかいいですね~。
ドレス、似合ってましたか!?…でも現場の雰囲気から行くと、もう一つの方よりはこっちで正解だったな、って気がします。場の雰囲気には合っているドレスでした~。ありがとうございます♪
by yum773 | 2017-07-11 02:16 | 旅行 | Comments(2)