Where I belong wibla.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Los Angeles - SFV - Multi-racialな私たちの日常。


by yum773
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Wedding



金曜の夕方に発覚した衝撃の事実・・・
車両保険が切れていた!!しかも10日も!!

届いた郵便で発覚。
確かに先月更新のInvoice来てたけど、まだ時間あるから後でいいわ~と放置しちゃってたわ~(-_-;)
普通なら完全に更新却下になる前に最後のチャンスをくれるはずなのに、
それもなく、更新できません。エージェントに連絡しろ、だけ書いてる手紙だった!
金曜日の夜。もうビジネスアワーは終了してる。
このまま月曜まで連絡つかないとなると、少年の送り迎えもできないし、
何より心ここにあらず状態になってしまう~
(って10日も保険なしで運転してたのにねw)

早速これまでお世話になっていた保険会社のことは切って、
24/7連絡がつく保険を探して、金曜の夜、電話で新しい保険を買うことができました~
すごいわー、いろいろと便利な世の中になったもんだ。
書類もメールですぐ送ってくれたし、サインもデジタル署名だし。
皆様も、知らせが来たら忘れず支払いをして、私のようにならないようにしましょうね!

***

さて土曜日は夕方から、Nの友達の結婚式へ。
このカップルは私とNの簡易結婚式で証人兼カメラマンになってくれたカップル。
私たちが結婚したのが去年の6月。
本来は、このカップルの彼は10月のハロウィンの日にプロポーズする予定で、
それから1年後のハロウィンに結婚式をしよう、と企てていたらしいのに、
私たちの結婚式を見て触発されてしまい、その数週間後には二人で行った小旅行先で
さっさとプロポーズしてしまって(爆)
それをFacebookで見たときはびっくりした~w
おいおい、ずいぶん早まってるやんけ!ってね。
でも気持ちは分かるかなー(^_-)-☆
というわけで本来の計画よりずいぶん前倒しになって、2月20日、
ちょうど私たちの結婚から8か月後の結婚式となりました。

今回の結婚式は、彼ら+数人でシェアしてる一軒家のバックヤードにて。
DIYウェディングってやつですね。
飾りつけとかいろいろあって、前日の金曜日にも呼び出されていたNでした。

さて。
実はアメリカ人の結婚式に御呼ばれするのは初めて。
結婚式に限らず、アメリカ人の大勢のパーティってどうしても
外国人はよほど努力しないと空気みたいな存在になってしまうので、
事前に、私のことを放置しないよう、Nにはしっかり言っていたつもりで、
Nは今回5人いるグルームズメンのうちの一人だったので
式の時は前に出てないといけないよ、でも終わったら一緒に行動できるから、
って言われてたんだけど。

始まってみると、式が終わると途端に姿を消したN。
グルームズメンも、ブライズメイズも、花嫁花婿もいない。
あーそっか写真撮影か、とは察しはついたものの、
なーんの説明もなく消えたから、その場で佇む私は完全アウェイ(汗)。
当然誰も話しかけてこないし!!

必死に努力して誰かに話しかけたいかっていうと、
そういうエネルギーも湧いてこず(笑)。
様子がつかめるまで、隅っこに腰かけて友達にLINEしたりして(爆)。

ようやくNが迎えに来てくれて、家の表の方まで移動してみると、
案の定、ブライズメイド、グルームズマン一斉に揃って、
代わりばんこに写真撮影していました。(カメラマンと式の進行はプロを雇っていたようでした)

実は私とN、予想外の週末のフリーウェイの混雑に合ってしまい、遅刻しちゃったもんで、
全然みんなに挨拶とか、紹介とかしてもらえずで。
それもあってのアウェイ感だったのだけど、ここでようやく挨拶などができて
カップルにもおめでとう~とハグしたりして、和んだ~。

カップルのハウスメイトたちや友達も顔見知りではあったので、
その後は割と輪に入れて話を振ってくれたりもして、
アウェイ感が少しずつ消えていったw

a0344385_05151451.jpg
家の中にあるバーエリアで(たぶん雇われた)バーテンダーさんにお酒を作ってもらい、
しばらくみんなと立ち話をした後は、外のガレージでケータリングの料理が振舞われました。
そして、バックヤードの脇にテントとテーブルが設置されていて、
そこでみんなで料理を頂きながら、乾杯の音頭と、スピーチ。

カップルとNはとってもCloseだけど、私は何度か会ったくらいなので、
そんなにCloseな仲ではないのに、スピーチを聞いたらなんだか泣けてきた(爆)。
盛大な結婚式は準備が大変だし、と避けてしまったけど、
ああいうのを見ると、もっとちゃんとやっておけばよかったかな?と思ったり。
いや、でもきっと私の家族なんてそんな感動的なスピーチはしてくれないと思うんだけどね(爆)
ほんと、アメリカ人はEmotionalなスピーチが本当に上手~

ダンスの時間がやってきて、いわゆるFirst Danceというやつをカップルがまず踊り、
これがまたスイートで、さらにそれを見る親御さんの目がうるんでたりすると、
さらにまたここで私ももらい泣きw
極めつけは、それぞれの親と踊る時に、
カップルの彼の方は本当の母親と、ステップの母親と、それぞれ踊り、
最後は3人で抱き合って踊っていて、涙なしでは見れなかったー

アメリカならでは、なのかもしれないけど、
この彼の母親とステップの母親はとても仲がいいんだそう。
私は少年のステップマザーも日本人だし、馬が合いそうにないので距離をとってるけど、
将来少年が結婚式を挙げたら、きっと少年はどちらも招待すると思うし、
こんな風に踊れたらいいなぁなんて、妄想してしまったw
美しい親子愛でした。

a0344385_10450492.jpg
親子ダンスが終わった後は、みんなでダンスタイム~!
私はひたすら隅に、存在を消していましたw
踊れないわけじゃないけど、アメリカ人みたいに恥の壁をぶち壊せない(-_-;)
スローダンスならあまり恥ずかしくないので、その時だけNと手を取って。
小心者の妻でごめんよぉ。

式は午後4時に始まり、パーティはたぶん10時以降まで続いた模様。
私たちは9時ごろに、立ちっぱなしで疲れてきたので退散しましたw
Nは踊りつかれて、が正しいかもw 汗びっしょりwww

帰りはちょうどWest LAだったこともあって、日系スーパーに寄り、
お寿司買って帰ったw
パーティであまり食べなかったんだよね( ;∀;)

久しぶりに少しだけドレスアップして出かけた一日。
Nもグルームズメンに指定された青緑色の蝶ネクタイをつけてw
たまには夫婦で、結婚式じゃなくてもドレスアップして出かけたいね~とN。
確かに、そういうのもシャキッとしていいよね。

今回結婚したカップル、本当に相思相愛で、素敵なカップル。
Mr. & Mrs. K、心からおめでとう!!








[PR]
by yum773 | 2016-02-22 10:58 | 日記 | Comments(0)